スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成23年5月29日

長雨のため偵察に行けません。
25日にフラリと見に行ったときは何も異常なかったので大丈夫でしょう。


ところで、甲大神の神様は大己貴神(おおなむちのかみ)と言います。

大国主命(おおくにぬしのみこと)なら聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

##ちなみに、命(みこと)は神(かみ)の尊称ですから~命と言っても~神と言っても同じです。

大己貴神は大国主命の若い頃の名前です。

大国主命はスサノオの子孫です。

スサノオはアマテラスの弟です。

アマテラスは現在の天皇家の起源、神武天皇の先祖です。


-アマテラス-----神武天皇-------------昭和天皇-今上天皇

-スサノオ-----大国主命(大己貴命)


というような壮大な神話が古事記や日本書紀に書かれていますが読むのは大変です。

私も読んだことはありません。^ ^

しかし、なぜ大己貴命が甲大神の神様になったのでしょうか。

理由が知りたいですね。

検見川神社に行けば教えてくれるだろうか。

もし解ったらまたこのブログに書きたいと思います。
関連記事

コメント

Secret

プロフィール

8XMNToTu

Author:8XMNToTu

甲大神(カブトオオカミ)のご紹介はこちらが綺麗にまとまっています クリック

このブログでは、事件発生後の神社の様子を2007年5月より不定期的に報告しています。
事件の詳細はこちらをご覧ください。↓ ↓ ↓

## 事件に関する新聞記事 ##

## テレビのニュース映像 ##

↓ ↓ ↓

損害賠償請求裁判の結果

プルダウンリスト
メールフォーム
メールはこちらからどうぞ

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

このページのQRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。