スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成22年7月25日

20100725- 004
これはシロダモの幼木ですが
このように幹の部分に白い粉状のものがビッシリついているんですが、なんでしょう。
カイガラムシという説もありますが。

20100725- 006
タラノキの枝葉に整列してる何かの虫。
スポンサーサイト

平成22年7月19日

20100719- 001
イチョウ
この場所は日陰なのにだいぶ大きくなりました。

20100719- 006 20100719- 007
タラノキが群生してしまいましたw
幹に白い粉がついてるのはなんだろう?うどんこ病かな。

右写真の手前の大きな葉はウドで毎年同じ場所に生えてきます。

平成22年7月11日

20100710- 002

左半分画面を覆っている2本がタラノキ
左端の小さいのがムクノキ
右半分の数本がクサギ
右上に見切れてるのがアカメガシワ
右下からちろっと枝を延ばしてるのがネズミモチ

いずれもこの神社であちらこちらに生えている木です。
この中で将来的に最も大きくなるのがムクノキです。(切られなければ)
その頃タラノキには陽が当たらなくなって自然消滅するでしょう。

平成22年7月4日

20100704- 001
この時期は一週間見ないとだいぶ様変わりします。

20100704- 003 20100704- 004 20100704- 005
アカメガシワが何本か切られていました。
アカメガシワはこういった伐採地によく生えてくる木で、この神社にもそこらじゅうに生えています。
成長が早く葉も大きいので他の木を圧倒します。

20100704- 010 20100704- 011

タラノキはこんな感じに。
タラノキとしてはこれぐらいが限界じゃなかろうか。
それぐらい大きい。

神社っぽく薄暗い感じに木が生い茂っています。
プロフィール

8XMNToTu

Author:8XMNToTu

甲大神(カブトオオカミ)のご紹介はこちらが綺麗にまとまっています クリック

このブログでは、事件発生後の神社の様子を2007年5月より不定期的に報告しています。
事件の詳細はこちらをご覧ください。↓ ↓ ↓

## 事件に関する新聞記事 ##

## テレビのニュース映像 ##

↓ ↓ ↓

損害賠償請求裁判の結果

プルダウンリスト
メールフォーム
メールはこちらからどうぞ

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

このページのQRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。