スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成22年5月30日

毛虫発見、苦手な人はちょいグロ注意。
この神社ではあんまり毛虫を見ない。
よく葉っぱが食われてたりするので探せばいるんだろうけど。
20100516- 012 20100529- 003

イモムシ・毛虫図鑑 というところで一枚ずつ写真を見比べたところ
どうやら タケカレハ という蛾の幼虫らしい。
名前のとおり、竹や笹の葉っぱを食うということで、笹の茎のところでじっとしていました。
笹は切っても切っても生えてくるからなー。

これは同じ種類の繭かな
20100530- 001
うーん、どうもクローズアップ写真はピントが合わないな。

スポンサーサイト

平成22年5月22日

綺麗に草刈と枝打ちされてました

20100522- 003 20100522- 010 
20100522- 008 20100522- 009

ちょっとアングル違うけど、だいたいこんな感じだった
20100509- 013 5月9日
  ↓
20100522- 004

こっちも
20100509- 009 5月9日
   ↓
20100522- 011 

ボランティアのおじさんが一人でやったんだろうな
偉いなあ

平成22年5月16日

20100516- 001
毎度、イチョウさんです。

20100516- 004 20100516- 005 20100516- 007
タラノキ回復状況

しかし、ジジイに切られた枝分かれ部分からは生えて来ず
20100516- 008

同じ部分を何度も切られると、そこからは生えて来なくなります。
最悪木が枯れてしまいます。
20100516- 011
これは先端が枯れてしまってます。


20100516- 009
とはいえ、タラちゃんの子供はあちらこちらで生えてきているので
それほど保護する必要もないかも。


20100516- 010
コチラは、とても大きくなったスダジイです。4mはあるかな。

20070602- 007
3年前はこんなにちっこかったのに。

平成22年5月9日

20100509- 001
これだけ葉っぱが大きくなればもう誰が見てもイチョウの木ですね


20100509- 002 20100509- 005 20100509- 007
切られたタラノキはここまで回復しました。
しかし、木の成長に大きく影響を与えるような切られ方をされたので
来年は一本たりとも切られないように対策したいと思います。
たぶん食用で取っていくのでしょうから、口に出来ないようにしてしまえばいい訳です。

平成22年5月2日

20100502- 001
イチョウの木

20100502- 002 20100502- 005 20100502- 006
タラの芽は、やはり切られました。
これはもう対策するしかない。
プロフィール

8XMNToTu

Author:8XMNToTu

甲大神(カブトオオカミ)のご紹介はこちらが綺麗にまとまっています クリック

このブログでは、事件発生後の神社の様子を2007年5月より不定期的に報告しています。
事件の詳細はこちらをご覧ください。↓ ↓ ↓

## 事件に関する新聞記事 ##

## テレビのニュース映像 ##

↓ ↓ ↓

損害賠償請求裁判の結果

プルダウンリスト
メールフォーム
メールはこちらからどうぞ

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

このページのQRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。